「原子分子過程研究と受動・能動分光計測の高度化のシナジー効果によるプラズマ科学の展開」
「原子分子データ応用フォーラムセミナー」
合同研究会

フォーラムトップページ

開催日時:平成30年12月19日(水)から21日(金)まで
開催場所:核融合科学研究所

概要

来たる12月19-21日、核融合科学研究所にて、大学共同利用機関法人・自然科学研究機構・核融合科学研究所の共同研究「原子分子過程研究と受動・能動分光計測の高度化のシナジー効果によるプラズマ科学の展開」(代表 赤塚洋(東工大)、所内世話人 鈴木千尋)と、特定非営利法人原子分子データ応用フォーラム(理事長 村上泉)の合同研究会を開催します。お忙しい時期かと存じますが、原子分子過程、分光研究における学理を探求する「素過程(分光)研究会」と、知識の社会への展開を目指す「フォーラム」とで合同で行う研究会に、奮ってご参加下さいますよう、よろしくお願いいたします。詳細につきましては準備が出来次第追ってお知らせします。

今年度の合同研究会は、昨年と同様、公募による一般講演と、招待講演による特別セッション「Warm Dense Matter / アブレーション(仮題)」で構成します。Warm Dense Matter (WDM)とは、固体密度程度で、低温度(≤10eV)の物質状態を指し、今回、プラズマ基礎研究に加え、最近の半導体の微細化から3Dプリンターまでの加工技術における、WDMの重要性に注目し、原子分子素過程や分光研究の立場で、すなわち光やX線の放出や吸収の過程や、圧力に対する応答を明らかにし、ミクロ(例えば密度汎関数理論、量子モンテカルロ計算)から、メソ、マクロスケールの現象を明らかにする研究について、議論したいと考えています。

また今年度は、長年にわたり核融合研における分光研究を牽引してこられた森田繁先生(核融合科学研究所)のご退職の年にあたり、森田先生の特別講演を行う予定です。

素過程研究会について

将来のエネルギー源として核融合が研究されていますが、核融合炉の中の高温のプラズマの状態を知るために、プラズマから生じる光やX線の性質を調べる分光研究が注目されるようになりました。プラズマ中の原子や分子と光やX線の相互作用についての理論、実験の手法、解析のためのモデルの重要性に注目した研究者によって、素過程研究会が行われるようになりました。研究会が始められて50年余りがたち、素過程研究は、後輩の研究者に受け継がれ、以下の主なトピックスにあげるように、宇宙物理などの基礎研究や、半導体プロセス、環境などの応用技術にも応用されるようになっています。

主なトピックス

  • 理論・数値計算
    • 原子分子物理(原子構造,衝突断面積,データベース,データ評価)
    • 衝突輻射モデル
    • プラズマモデル・シミュレーション(流体,粒子,輻射輸送)
    • 分野横断的なモデリング課題(大気化学,燃焼反応)
  • プラズマ基礎実験
    • 磁場閉じ込め核融合プラズマ
    • 慣性核融合プラズマ
    • プラズマ・イオン源(多価イオン,大気圧プラズマ,アーク・グロー放電,界面・液中放電,レーザープラズマなど)
    • 分光(赤外~X線能動分光,レーザー分光)
    • 宇宙プラズマ(天体・地球惑星大気)
  • プラズマ応用(産業応用を中心に)
    • 環境改善・材料改質
    • 光源開発
    • プラズマプロセス
    • 医療・農業
  • 地球・惑星大気
    • 惑星プラズマ
    • 生命起源とプラズマ
    • 大気化学反応
  • Warm Dense Matter / アブレーション (特別セッション関連トピックス)
    • ハイパワーレーザー、XFEL相互作用
    • 微細加工技術(EUVリソグラフィ)
    • Adaptive Manufacturing
    • 核融合プラズマ・壁相互作用